O脚になるのは生活習慣に問題がある

普段何気ない日常生活の中で、知らぬ間にO脚を悪化させる行動をしていませんか?
どんな行動がO脚を悪化させているのかというと、横座りをしたり、内股で歩いたり、また高いヒールを履いたりする事です。
たったそれだけの事で!!と驚くかもしれませんが、もともと人間の骨盤は二足歩行によって不安定になり負担がかかっています。
そこに加えて姿勢が悪い状態で座ったり、歩いたりしていたら、骨盤が歪んでしまうわけです。
O脚の人のほとんどは先天的ではなく、後天的にO脚になってしまっています。
それは生活習慣に問題があるからです。

綺麗な歩き方の効果あるレッスン

あなたが自分が歩いている姿を見た事がありますか?
普段自分が見る姿とは大抵、止まっている姿ですよね。そのため自分の歩き方がどんなものなのかよく知らない人が多いのです。
自分が歩いている姿を友達に動画でとってもらいましょう。
そしてそれを見たら、その姿勢の悪さに驚くはずです。
モデルの人は意識して綺麗な歩き方になるようにレッスンを積んでいます。
あそこまでキレイに歩けとは言いませんが、歩く動作をまず意識しない事には姿勢の悪さは治りません。
背筋はしっかり伸ばして、適切な歩幅で、爪先をかかとから下ろす事を意識して歩いてみましょう。