O脚だと持ってる洋服が似合わない

O脚と洋服

ですが最近は日常生活の中で着物と着る機会なんてほとんどありません。
洋服を着るのは一般的です。
しかし洋服の場合は細身のパンツや、またミニスカートの場合O脚が目立ってしまいます。
特にミニスカートの場合は注意が必要です。

なぜかというとO脚の脚は骨盤が開いてしまっている状態なので脚とくっつけて座る体勢が苦手なのです。
そのため注意していないと自然と脚を開いてしまっています。
ミニスカートで脚を開いている女性なんて、だらしないと周囲から思われてしまうでしょう。

O脚と靴

O脚の原因は歩く時の姿勢が原因だと言われています。
姿勢が悪いと結果として脚に大きな負担がかかり、O脚になってしまうのです。
しかしそもそも姿勢が悪くなってしまう原因は靴にあるかもしれません。
ヒールが高い靴や厚底の靴では、オシャレで脚が長く見えるかもしれませんが歩きづらく、転ばないように気を付けるため姿勢がよくありません。
脚を長く見せようと思った結果、O脚になっていたら意味がありません。
歩きやすい靴で、正しい姿勢を意識して歩いてみて下さい。